18会場結び がん患者ら集会

18会場結び がん患者ら集会

がん患者と家族が癌の医療が18でホールをつなげたという問題に関して話したミーティングが全国を通じてテレビ会議のシステムを出しても十分な治療を受け取ったくらい医療状況を真っすぐにして欲しいことの声、それは開かれました、そして、患者から、どの領域が相次いで来るかで生きました。
この「癌の我慢強い大きいミーティング」は、東京の国立がんセンターに基づくテレビ会議で全国を通じて北海道から沖縄まで18の場所のホールをつなげて、開かれました、そして、癌患者と600家族は参加しました。 国は癌で毎年国内で30万人を超えている人で死にました、そして、10年、およびそれぞれ中で死亡率を20%減少させるのを目的としながら掛かるとき、対策が実施されるよう管理部門が維持する要求するのは、病院の診療状況ですか? 声に出してください。しかしながら、「癌は単独で治療されなかったのにもかかわらずの、医師は、その領域で不十分であるように、理由であり、yuruは調和の気にかけることであることであったこと」。「それになる、十分受け取られなかった、」 患者から、だれが州に住んでいたかが出て来て、容認された癌の医療の違いはその領域のそばでなって、ある現状は再び救援になりました。 厚生労働省担当の人はその人が「癌を専攻した後に見ることができた医師の数を増加させたがっていました、そして、それを高めるために、癌の医療の品質はその領域で受信した」などで話したこれについて説明しました。 , そして、地域のニーズに適した医療状況の進歩を扱われます。 ミーティングは採用されて、決議が、患者ががん対策に関する政策の作成に参加すると仮定しました、終わりということです、そして、その領域での医療状況の維持は将来それを後援する患者のサポートグループの厚生労働省などに上告されるでしょう。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


南アフリカでビキニ姿の女性287人が大集合 乳がんの危険性を訴えパレード »
« がん患者が政策に積極参画 全国TV会議でアピール