がん患者が政策に積極参画 全国TV会議でアピール

がん患者が政策に積極参画 全国TV会議でアピール

それは「癌患者は明確に政策のプロジェクトとプランに参加したこと」で一緒に癌の医療のその8日に開かれて、あった国、地方自治体、および医療サイトへの癌患者と家族の声に地域格差と測定の不足などの問題を送る「5番目の癌の我慢強い大きいミーティング」予算であると思われて、上告をもたらされました。
県の病院などの18の病院がテレビ会議によって非常に接続されていて、それは正面ホールと宮城の県のがんセンターの総参加した国立がんセンター(東京)の開かれるのと約570人です。 後援はNPO(NPO法人)癌患者グループの支持メカニズムです、そして、癌で手術を受ける経験を持っているジャーナリスト鳥越Shuntaroが、理事長として勤めます。
上告では、人のサポートの重要性が、始めの作業環境の維持以外に患者が生きるよう互いに要求されたので、癌が我慢強く、家族が普通であることがそのようなものに関係があって、一杯が自発的に上告されて、それが管理と医療などの専門家と提携して機能したと思われました。

各ホールから「それが豊かでないなら受けられなかった処理があります。 再発患者を見捨てずに」(北海道)意見、「(州の)問題、大きさ、」 広い地域(青森)でどう在宅介護をカバーするかは表現されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


18会場結び がん患者ら集会 »
« 白血病克服ノブ・ハヤシ「格闘技いいね」記事を印刷する