がん患者大集会:政策立案に患者の参加などアピール文採択

がん患者大集会:政策立案に患者の参加などアピール文採択

癌患者の声を管理と医療機関に送った「癌の我慢強い大きいミーティング」(鳥越=のグループの支持メカニズム=Shuntaro理事長が後援した癌患者)が、8日に東京の国立がんセンターなどの18の全国的なホールで開かれました。 患者が増進に参加したと述べた上告文とそれに我慢強いお互いで相談したアサポートのシステムの政策立案の過程は採用されました。
それは05における、始めの今年の5番目です。 それは北海道から沖縄までの18、および約550のホールのテレビ会議からつながりました。医療関係者患者と人々は参加しました。
自発的に癌と戦う鳥越さん: インタビューで。 「未承認の薬などの具体的な問題は設けられました。 将来、国のなどにおけるいくつかの動作を引き起こしたいと思います。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アストラゼネカ 欧米で肺がん治療薬Zactimaの申請を取り下げ »
« 11/10燕労災病院で乳がんテーマに市民・勤労者医学講話