対策推進計画、工程表案再考を

対策推進計画、工程表案再考を

医療関係者と患者団体のメンバーが京都府のがん対策に関して協議した「がん対策試験会議」の最初のミーティングは9日に京都市Kamigyo区の平安時代のホールで開かれました。 出席した委員会は、県が示した測定販促計画のアプローチ仕事スケジュール考えに強意見を投げました、「居住者の近くの領域の診療所とドラッグストアが果たした役割は、外れて、下がりました」と言って。
連絡協議会から出席された14委員会は、癌の診療と京都個人病院社会と県の癌の患者群などのために、ベース病院(県の医学大きい付属病院と京都の大きい医学部付属病院)が好きです; などItは数値目標、ベース病院、および県の健康なコントロール師団が年度2012まで診察率を50%まで上げた協力病院の医療レベル改良を含む仕事スケジュールで未裏書き手形について説明しました。
委員会に関して、診療所、その領域のオフィスを看病する訪問、および介護施設との協力に関する記述は強調項目に少しのポイントを指摘しました。 「診療が在宅医療が生まれる領域に開業医を含む広いシステムが確立されないなら、居住者を救うことができません。」 “「それはガン難民を作らないためのがん対策の基本法則の精神です。 患者の局面で思おうとするのが、必要です。 」そして、解決した、仕事スケジュール考えの再考は要求されました。
県は、検討会議が専門家を反映できるように、それをセットアップしました、そして、現在のがん対策販売促進の実行における癌患者の声は計画されています。 それは将来いつでも開くでしょう、そして、意見は要求されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


チャクリキ】ノブハヤシが白血病を克服し復活!キック&空手で6人の王者が誕生 »
« 中外製薬の主力抗がん剤アバスチン、肺がんへの追加適応を承認取得