中外製薬の主力抗がん剤アバスチン、肺がんへの追加適応を承認取得

中外製薬の主力抗がん剤アバスチン、肺がんへの追加適応を承認取得

中外製薬が、彼らがした9日に厚生労働省からの承認の獲得が抗ガン剤の追加調整と6番目の日付を入れたと発表した、「Abasuchin、」 肺癌治療に。 承認の獲得とこの時間は2007年4月にzaiのように大腸癌の治療として国内で2番目の例のしるしになります。 乳癌への追加調整は、10月15日に承認しながら、申し込まれました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


対策推進計画、工程表案再考を »
« ノバルティス 高血圧の次に期待を寄せる慢性骨髄性白血病領域