ノバルティス 高血圧の次に期待を寄せる慢性骨髄性白血病領域

ノバルティス 高血圧の次に期待を寄せる慢性骨髄性白血病領域

大型商品ディオバンの特許切れを前にノバルティスが新たな戦略を打ち出している。今年の9ヶ月間だけでも全世界で44億ドルの売り上げを記録し、アメリカの高血圧薬市場ではシェア40%というアンジオテンシンII受容体拮抗薬ディオバンだが、2011年から2013年にかけて、ヨーロッパ、アメリカ、日本の3大市場で相次いで特許切れを迎え、後発品の攻勢にさらされることになる。新規戦略では高血圧薬市場でディオバンから近年同社が上市した直接的レニン阻害薬「テクターナ」やディオバンとカルシウム拮抗薬アムロジピンの合剤「エクスフォージ」への注力の転換を図ると同時に他領域の新薬の強化を目指す。このなかでノバルティスが高い…

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


中外製薬の主力抗がん剤アバスチン、肺がんへの追加適応を承認取得 »
« 【がんと闘う ワクチン療法】(下)新しい作用の薬 有用性どう判断