【がんと闘う ワクチン療法】(下)新しい作用の薬 有用性どう判断

【がんと闘う ワクチン療法】(下)新しい作用の薬 有用性どう判断

– それは末期患者だけで難しい状態でそれについて確かめます。
「ペプチド(タンパク質の断片)のワクチン療法は7月の久留米大学病院(福岡県の久留米市)が実行した厚生労働省について「医療評価会議を進めました」。」「高度な医療評価システム」 条件付きに承認されました。 このシステムは去年の4月に始まりました。 この大学研究最新の癌(癌)の処理リサーチセンターのヘッド山田亮: 「完全なスケールで認められるなら、また、混合物診療は可能になっ」て患者への期待は上昇しましたが。 「さらに、混合物診療のための高度な医療専門家会議を試験から取り除くのが、必要です。 これに関して、ものによって癌ワクチンのような新しい動きの薬が、効果が既存の医療より高いかどうか評価することが認められるか否かに関係なく、それは全く理解されません。 」それはそれを指摘します。
  

患者の協力の必要性

近い将来、専門家会議がそうする高度な医療では入場イカを確かめてください。薬として、皆が中で保険がある使用の適合を一緒に判断する組織を使用できるのは、まさしくそのです。 有効性は新しい薬のための大きい高値で既存のものと比べて評価基準になります。 それが示されないなら、例えば、そこであるのに、また、新しい薬の候補になる材料が、10人の5人以上まで働いているのは、既存の薬が10の5のために扱うデータです、薬として承認されるべきでない可能性が高いと言われています。
評価基準に関する異論がそのような薬についても有効性の上あります。 ペプチドワクチンの研究を唱えるMedical Scienceの東京大学Instituteの**中村教授のアシスタント; (この実験室ヒトゲノム分析ヘッドを中心に置きます) 「薬の簡単さが有効であることを理解するようになったとき、遺伝子のタイプの違いのため、現在の従来の方法からの有効性が異なっていると判断するDoesが、本当に患者のためになります–Itは人によると、有効な材料が薬になる可能性を奪いそうです。」、 疑問、解決は提示されます。
Thingは画期的です。進歩の期間の癌を伴う10パーセントの場合にさえallHoweverで治療法なしで生き残る薬があれば、それは事実です。どんな種類の人を有効であるように知りませんが、それを管理する前に、それが必要であると判断するeffectiveTheシステムではなく、90パーセント施しなさいか。山田も上に立ってください、「」Itは話します。
それは、久留米大学病院のペプチドワクチンが、各患者あたり最も適当な1つを選んで、管理されますが、すべての人々で有効ではありません。 次に、遺伝子は現在500人のデータに基づいて確かめられます、そして、それはワクチンの効果が分析とどんなタイプで高いかどうか確かめます。
ヘッド山田「それは、ペプチドワクチンが10年間臨床試験の結果から有益であると確信しています。 データを重ねるのが、必要であることに加えて、薬として認めてください。そうすれば、患者の多くの協力が必要です。 」それは話します。
  

物の人の拡大

そのうえ、癌ワクチンの臨床試験の物は終わりの患者によって日本の治療法なしで制限されます。 しかしながら、ペプチドワクチンなどの免疫治療は、効果が臨床試験から現れる時までにそれが時間がかかるのを理解していました。
この目的が癌細胞の数まで増加するようにユニークさで癌細胞を攻撃するリンパ球で可能であることの数が(亀甲)に匹敵するには時間がかかることであると推測されます。 研究者の中でも「効果が現れて、効果の検証が難しくなる前に、人生の脆い残りと共に末期患者で死に」上昇を声に出してください。
中村教授「合衆国(食品医薬品局)FDAは臨床試験の物を思いつきます、そして、末期患者だけではなく、初期段階にそれを患者にさえさらに広げる政策も思いつかれます。 ワクチン処理の原則が考えられているなら、私は自然な判断で同様に日本でも患者の物を広げないべきですか?」それはそれを提案します。
-

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ノバルティス 高血圧の次に期待を寄せる慢性骨髄性白血病領域 »
« 小児がんケア施設「建設に役立てて」茨木のNPOに寄付