小児がんケア施設「建設に役立てて」茨木のNPOに寄付

小児がんケア施設「建設に役立てて」茨木のNPOに寄付

チャリティー・コンサートで集まった40万円が、国際的な団体「西宮kiwanisukurabu」を支持したという良い意志は幼い癌の施設工事について気にかける特別番組を目的としたNPO法人「子供のkemo家」(大阪府茨城市)に提示されました。
それが10月に兵庫県の芦屋市で開かれるそして若い男性ミュージシャン4組はコンサートを共演させます。 約470人は集まりました、そして、収益の一部を寄付しました。
同県西宮市でして、タイプ=写真=、それが議長をするギターマンドリンデュオ「路傍」の上野**shouを寄贈することにおけるコンサートは「共感の円は段階で膨張しました」です。 法人、テーブルを受け取ったこの橋本絵美子が、話して、「約11万円はコンサート会場に置かれた資金調達箱の中に集まりました、そして、深く、みんなの厚い善意で、感動しました。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【がんと闘う ワクチン療法】(下)新しい作用の薬 有用性どう判断 »
« 静岡がんセンター 患者大集会にテレビ討論で初参加