静岡がんセンター 患者大集会にテレビ討論で初参加

静岡がんセンター 患者大集会にテレビ討論で初参加

癌患者グループの支持メカニズム(鳥越のShuntaro理事長)は8日に日本の癌の医療の問題に関して話した「5番目の癌の我慢強い大きいミーティング」を開きました。 シンポジウムでは、10における癌の診療のためのベース病院が入賞するのは、テレビ中継によって全国を通じて東京の主会場に接続されて、長泉町における県の静岡がんセンターは1番目に参加しました。患者で看病するのを才能の安全にするテーマが始めの作業環境と、生産人口減少と、財源の安全にすることであったことなどので、それは「変えられて、確かめられた私の町の癌の医療」がある現在の形勢を報告しました; *主会場の国立がんセンター(東京)では、*はokakenです; テレビ中継で日本の医療政策メカニズムの癌の政策クリアリングハウスの長さがコーディネータ、鳥越さん、およびkakiso chuuu日本対それぞれの組織について代表に尋ねられた癌の社会と我慢強い組織の山口のta社長などの長さとして意見に勤めたichi。
山口の社長は、静岡県を含んでいて、それがmigakudaであった管理部門が8つの場所で全国を通じて滞在した現状をはっきりさせて、「私の管理部門の状況はしっかり理解されました、そして、我慢強い側が声を提起した姿勢が必要でした。」と癌の診療機能強化のために財源の安全にすることと関連してベース病院に費やされた補助金を主張しました。 中山陽子さん(沼津市)は関係者を代表して腫瘍医師の増進を求めました。
テレホン発展場サービスに進む関係者の負荷を減少させるために、それは前回、以来、テレビ会議に切り替わっています。 死にかかっているmatsurigototakashi HenmiアナウンサーのTsumaharemeguが癌のため役立ったそして長女愛は、この日に静岡ホールを訪問しました。実行議長。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がんケア施設「建設に役立てて」茨木のNPOに寄付 »
« 県立静岡がんセンター:管理棟完成 患者数増加に対応--長泉 /静岡