県立静岡がんセンター:管理棟完成 患者数増加に対応--長泉 /静岡

県立静岡がんセンター:管理棟完成 患者数増加に対応--長泉 /静岡

このビル修理と始めに、新年と診察室のスペースを解放します。
県の静岡がんセンター(長泉町)の管理棟は完成しました。 通院患者の数の増加に相当するように、工事は進められました。 薬局とこのビルの事務局などは今月の中旬で管理棟にひとつずつ引っ越します。 したがって、空になるスペースは、11年度によって外来患者の治療余地のなどに修理されるでしょう。 【ajishin、ichiに、倒します】

管理棟はこのビルの北東の側面のビジネス駐車場に建設されました。 免震構造、地下における1階、および合計で9663年の平方メートルの地面の5記事で。
それは次の1月頃に外来患者の治療部屋の延べ床面積、病院に行く処理の11%に関するそのヒットを定期的のセンターにしようとして、内視鏡検査を余地などに7082平方メートルしようとするようにそれを始めるこのビル修理に計画されています。4月(12年)にOperationは始められる予定です。 管理棟ビルとこのビル修理に医療機器序論に合っている総事業費は約58億円まで上がります。
同じセンターが’02 9月に病院を開いて、通院患者の数は、日の平均であり、プランがどの615のアルコーブ(569の現在のアルコーブ)で段階の720人になるだろうかというベッドの数によって予想されました。 しかしながら、それは、急速にこの予測を超えながら、増加します。 249の人々年度2002平均であった日の通院患者の数は772民族年度2005でした、そして、それは年度2008に877人と共に仮定を超えていた速度で増加しました。
患者の数がベビーブーム世代で年をとるので、増加するので、同じセンターは、通院患者の数が15年度に1200年の日の人々を上がると予測します、そして、それはしばしば将来抗ガン剤の前進で病院に定期的に行く処理をするようになるでしょう。 また、医師とこれに備えた看護師は、ひとつずつ増員するのを計画しています。 事務総長のTakehisa宮沢が話している、「患者を改良したがっていて、考えて、それを改良するのが治療される、1日への看護師の義務環境、」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


静岡がんセンター 患者大集会にテレビ討論で初参加 »
« 肥満によるがん、全米で毎年10万人 米調査