肥満によるがん、全米で毎年10万人 米調査

肥満によるがん、全米で毎年10万人 米調査

10万人は、6日に毎年肥満のため合衆国で合衆国癌の研究クラブ(Cancer Research、AICRのためのアメリカのInstitute)への癌を発表しました、そして、開発の見積りは発表されました。
食習慣と病気との関係の研究に資本を提供しているこの社会によると、子宮内膜癌の49%と体脂肪の食道ガンの35%が過度に関係づけられると言われています。
ハワイ癌の実験室(ハワイの癌のResearchセンター)のローレンスkoroneru(ローレンスKolonel)「癌が発症する前に、以前それに影響を及ぼさないように展開している間、展開した後に、それは肥満に明確になりました。 癌の危険は上ります、そして、それが肥満であるときに、処理は、より難しくなります、そして、また、生存率は下がります。 」それはそれを指摘します。
科学者の中に関連性が、ある種類の癌と肥満であるときに長年あったのが知られていましたが、大きくとても多くの関連性が合衆国の癌の発生率から見積もられているのが、1番目であることがデータによる研究で示されています。 2つの関連性を確かめるようになっていませんが、獣脂が癌細胞増殖を刺激するキャラクタホルモンの分泌を改良する免疫機能などの脂肪のコントロールの仮説は針の先によって一部セットアップされます。
癌患者増大の数、より多くと肥満は癌のアメリカ人と関係があると判明されれば判明するほど、上がる可能性がさらにあります。
米国疾病対策センター(疾病対策センター、CDC)によると、20歳か、よりアメリカの34%が肥満であると言われています。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県立静岡がんセンター:管理棟完成 患者数増加に対応--長泉 /静岡 »
« コンサート:がん患うジャズピアニスト・西さん、14日・尼崎で /兵庫