がんを生きる:/51 夫の介護休暇/中 充実し濃密な4カ月 /大阪

がんを生きる:/51 夫の介護休暇/中 充実し濃密な4カ月 /大阪

それは小学校の教師です、そして、悪性リンパ腫が夫と子供で与えて、それを入院させた茨城市では、死にかかっているという「各回」Junko掘田です。 介護休暇による推薦されて、市の中学の教師に、10月の教頭による(51)、’病気人生に対する戦いであるときに、06は10カ月終わったこと’がottoyutakameiされているということでした。 以前教頭はJunkoの上司でした、そして、また、通常、状態は話されました。
Yutakameiは学校での1人の人だけのサポート教育告発でした。 学生の研究と人生は毎日、サポートされます。 秋が来るとき、また、そこでは、来年度の承認準備が入り口ですか? 私は考慮におけるためらいを感じました。
しかしながら、Junkoのボディーの痛みは、日毎に強くなって、精神的に不安定でした。 Junkoがある病気を直すためには、「現在であるだけです」という定まって、ことでした。

看病であることに集中した人生が、10月に結局、始まりました。 昼夜食事の息子と共に家で取るのを除いて、昼間は病院のもので、過ごされます。 また、快速も続けられていた状態で長くて、厳しかった状態が時に臆病な言葉を言ったJunko。 しかしながら、yutakameiは続きました。そして、「積極的」、そして、「絶対に回復してください」が日誌に続いたキャラクタ。楽しみを作ります。 , また、それは近くにいました。
それは次男坊を買いに行きました、そして、takeshisatoによる衣服です。 サイズが育てたTシャツが、見られたとき、Junkoは子供の成長と夫の考慮に満足していました。 新年が始まって、食事制限が2月の始めに久しぶりに解決されたとき、大好きなお好み焼きはJunkoの要求に従って焼きそばにアレンジされました。
しかしながら、Junkoは2日後に突然意識を失いました。 すぐ自分自身のへの居住が、食事を作るために病院で折り返して、また地下のtakeshisatoが高校の一年に長男と共に6時までに走らせた帰りとTeruであったYutakamei。 これまで、2人の息子には、ほとんど母親の厳しい状態を見なかったものがありました。 それはJunkoの意志で惨めな外観を息子に示すのを避けようとしたからです。
Junkoは来ました。息子と患者仲間はその日のうちに電話をしています。 その後に、息子は、放課後に毎日に病院に通勤するようになりました。 それは病室の連休に関係して折り鶴、および滞在をしました。 薬のため眠る状態のJunko。 インタビューをしに来た友人は、彼の手足をこすりました。 涙がyutakameiが「頂点」であると言われた日にある状態で、手足は洗われました。 それは温暖で包装されました、そして、回復しました、そして、Junkoは次の2月に48歳の人生で18番目のうちの25を閉じます。
-    -

Yutakameiは、Junkoがここ18日間「時間」を与えたと感じています。 それが「あなたは母親のために自発的に何ができますか?」考える時間であったという願望のためそれはそうです。yutakamei時に振り向く息子で。
それは4カ月の介護休暇でした。 Yutakameiは、「時間は、家族だけを見なすことによって、費やされました、そして、……. それは毎日、濃い状態で高められた」としてそれをよくかみこなすために話しました。 【青木江見】

==============

意見と普及: 毎日新聞大阪支店(06・6346・8444をファックスで送っていて、 at‐osaka@mainichi.co.jp にメールする)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


コンサート:がん患うジャズピアニスト・西さん、14日・尼崎で /兵庫 »
« 「がんに効く」バイオラバーの違法販売で店長らに罰金刑