「がんに効く」バイオラバーの違法販売で店長らに罰金刑

「がんに効く」バイオラバーの違法販売で店長らに罰金刑

高速水着の材料によって知られていた山本の布の物質的な「バイオラバー」化学産業(大阪市生野区)が、歌われて、それを不法に販売して、京都区**が10であると思われます。 違反の犯罪で起訴されて、山本化学の産業の店(京都市Shimogyo区)と2人の関連会社従業員のマネージャの吉川由美(33)は薬の販売会社の京都駅の薬事法(承認の医療機器がない販売)が「薬をリフレッシュします」で非公式です。

それぞれ刑罰50万円と他の2人のための刑罰30万円の注文をマネージャ吉川に与えて、3人が同じ日にその日のうちに京都**ソバの上でhaを支払った概要。 地方検察庁に従って、3人は彼らが認めるのが、「うっかり、商談で、言った」というなどと起訴の内容を言います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/51 夫の介護休暇/中 充実し濃密な4カ月 /大阪 »
« バイオラバー販売3人に罰金=「がんに効果」、薬事法違反罪-京都簡裁