バイオラバー販売3人に罰金=「がんに効果」、薬事法違反罪-京都簡裁

バイオラバー販売3人に罰金=「がんに効果」、薬事法違反罪-京都簡裁

されたイベント京都区**のため高速水着材料製造業者「山本化学の産業」で「癌細胞は制御されていることなど」の製品が使用したゴム材料「バイオラバー」が歌われたとき10日の店のマネージャの吉川由美(33)の、そして、山本の化学前の関連会社のビーチ谷の幸運の従業員Takashi(53)と共に起訴されて、**Uryu従業員(59)の文は非公式でした、そして、それはそれを販売しました。 2つのものの両方以外の人々は別の民族(30万円の注文が刑罰によって50万円与えられたそれぞれの概要)です。京都**ソバの上のマネージャ吉川、ha、同じ日。, そして、それはその日のうちに支払われました。
起訴の3人と内容が認められて、「(癌のなどに対して有効ないつ)」の証拠となるかと言われています。 京都地検に従った「それが言わないように必要で、理解されるなら」など。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんに効く」バイオラバーの違法販売で店長らに罰金刑 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/31 見習いたい最期の姿