「がんが治る」バイオラバー商品販売 3人に罰金命令

「がんが治る」バイオラバー商品販売 3人に罰金命令

説明して、ゴムの材料製造業者の山本化学の産業(大阪市生野区)の製品「バイオラバー」を使用した商品が、10日での薬事法(非承認の医療機器販売)の違反の犯罪によって「癌は回復したこと」のHealth大臣の賛成を受けることのないなどと効果、および京都区**に同社の関連会社の従業員などの非公式の3起訴された人を販売したと思われました。 京都**ソバの上の刑罰300,000、ha、同じ日。 50万円の略式命令を与えました、そして、それは3人と同じ数日間に支払われました。
それが関連会社の男性従業員(53)の3人の男性契約社員(59)である、「Koudaiinta-nashonaru、」 山本では、= この=の化学産業とそんなに非公式の=大阪府東大阪市=の同社は従事していました。 京都地検によると、Higashi-Nada神戸市=区は健康な記事などの正面で店のマネージャの女性(33)と等しいです。
それが話されていた後に、「もっとも、店と関連会社がそうであって、それは、厳しく誘導しながら、そのような状況になって、非常に残念でした」、山本化学の産業の会社役員が、同社が再び参加することを否定したMasahikoモリモト。
店で京都市の女性などの2人に説明された「癌細胞を制御するという効果がバイオラバーにあった」マネージャなど , そして、注文に応じて、4月、7月に京都駅の正面で2(合計で約51万円)ベストと1個(約23万円)のベルトを販売しました

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/31 見習いたい最期の姿 »
« 陽子線がん治療施設:名古屋市議会委、建設請願を採択 /愛知