陽子線がん治療施設:名古屋市議会委、建設請願を採択 /愛知

陽子線がん治療施設:名古屋市議会委、建設請願を採択 /愛知

名古屋市の財政的な福祉委員会は、takashiが河村市長宣言している、民主的で凍る「陽子線癌の治療施設」の工事販売促進、自民、および10日での公正さの多くの協定を要求するために陳情を採用しました。 共産主義は「それは、都市ではなく、国と県がしなければならなかった企業です」として反対されました。

「予測における疑問と患者の数の利益があるという意見があります、そして、また、予算を予防医療にターンするのも必要である」ので、河村市長は冷凍を宣言しています。 陳情で市区の政治協力委員長会議によって、「もっともそこで多くの癌患者に希望を与えた企業が、最先端の医療で健康保険アプリケーションでなかったので、迅速な完成は待たれること」に困っていて、それがこれに上告されました。

同意した、「防止は重要でしたが、また、患者の救援も重要であった」、「ただそれを設立しなかったので、医療スタッフは県の外の外を流れる」、など、および意見は、委員会から相次いで来ます。
他方では、都市のそばの居住者への状況説明がこの会議がそれを提出した地方の委員会の達成から慎重な調査を要求するために進歩をしていた間、その日のうちに開かれた管理環境委員会の予約は陳情でした。 【Susumu丸山と岡崎大輔】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんが治る」バイオラバー商品販売 3人に罰金命令 »
« 【NBA】通算最多得点のAジャバー氏、白血病闘病