がん治療施設、早期建設の請願採択 市長の主張批判

がん治療施設、早期建設の請願採択 市長の主張批判

参事会の財政的な福祉委員会が10日に行われました、そして、地元住民が初期段階に工事のために提出した陳情は、河村市長が持っていたtakashiが冷凍を宣言した「陽子線癌の治療施設」に関する共産主義を除いた多くの協定で採用されました。
販売促進セクト(公正)のYuichi田辺は予防医学を高める市長の主張に立ち向かいます。 「防止に努力しても癌にかかる人がいます。 市長にとって、癌に分かるのは不十分です。 」批評で。 Yoshiro渡辺(自民)はそうです。声に出します。 ..荒さ。 「正式の単語によって手続きを踏んだ話がひっくり返されることをきちんと許可できません」と言う下駄。

もっとも「都市がやってのけなければならなかった理由だけを理解できません」と言って、(共産主義)がこれに疑問を投げたヒロユキ・江上が、これが欲しかった市民の声を大いに認めた施設は。
それは言われています、それが市長にビジネスを進行するよう促された形であるのにもかかわらずの、「陳情にはどんな法的な活力もない」という(市会事務局)計画通り今月の終わりまでにアセンブリとして結論を出す河村。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【NBA】通算最多得点のAジャバー氏、白血病闘病 »
« 往年のスター選手が白血病=NBAで活躍したジャバー氏