がん治療技術の最先端学んで 呉で14日講座

がん治療技術の最先端学んで 呉で14日講座

最先端の癌の管理の市民公開講座は14日の呉市民ホール(センター)です。 日本の胃腸病学協会中国のブランチはそれを後援します。
テーマは「ここでの進行癌治療」です。 「広島大学の田中宍道とokajimaseiの内視鏡診療科教授、純粋である、試験に関する内視鏡外科研究教授講演と胃癌と大腸癌の治療、」 食べてください。内視鏡による肛門(請う)早期発見、完全tsunozoして、操作と腹腔を保つ可能性、(. . 吹くこと) 「患者にとって、それは優しいこと」の前進と現状では、鏡映などの処理は話されています。 アプリケーションは無料で不要です。 1601 ..電話0823(21)…

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


沢田亜矢子の24歳長女が脳腫瘍の手術 »
« がん患部のみに放射線 広島で最先端の照射治療開始