がん患部のみに放射線 広島で最先端の照射治療開始

がん患部のみに放射線 広島で最先端の照射治療開始

広島の市の中区広島の平和な診療所は最先端の放射線治療装置「新星リスのTX」を導入しました、そして、癌治療は始められました。 高精度で患部だけにそれを照射するのは、可能です。 周囲の組織が痛まれていなくて、副作用がわずかであると言われています。
アーム装置はベッドに乗った患者の環境に入って来ます、そして、X光線は2つ以上の方向から照射されます。 それは、位置、形も癌のサイズも選ばない利点です。 また、患者は痛みでなくてまた熱くなく感じます。
かつて処理は約30分です。 2回以上は扱われます。 脳腫瘍の癌のなど(腫瘍)、肺、および肝臓に関して、保険は適用されています。
既に広範囲の放射線治療装置のガンマナイフを使用できる癌はサイズにおける3センチメートル以内が制限されます。 球形だけにそれを照射するのが、可能であるので、また、複雑形状の癌の場合に環境を破損するためにケースがあると言われています。
広島の平和な診療所は、10月の議会で高精度な癌の放射線治療センターを開いて、NovaリスのTX支出を6億円導入しました。 1年あたり300人が扱うと予想されます。
医療機器メーカーがドイツにある状態で、合衆国は共同で発展します、そして、2つの国が約60の病院のこの装置に使用されます。 序論、最初に国内に。 また、操作は本年度中に岐阜大学病院などの3つの施設で始まります。
ディレクターユタカ広川(57)「癌が負荷を抑圧している、これまで大きく我慢強い、患部だけを扱って、重要な問題になってください。 高精度の設備を使用する処理の患者のニーズは高いです。 」それによって、序論に関する目的がわかります。 (Kei衣川)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療技術の最先端学んで 呉で14日講座 »
« アスベスト:「石綿で肺がん」 死亡女性の夫、京都市を提訴 /京都