アスベスト:「石綿で肺がん」 死亡女性の夫、京都市を提訴 /京都

アスベスト:「石綿で肺がん」 死亡女性の夫、京都市を提訴 /京都

南地区の京都市営家の部屋の天井に含まれたアスベスト(アスベスト)のために肺癌にかかって、死んだと思われました、女性の夫、(71歳、その時)、4月に死んだ南地区では、’08が相手として都市をみなしました、そして、2390万円の損害賠償の補償が要求された訴訟が京都地方裁判所で起こされました’。
64における陳情に応じて、女性は入って来ます。 グラムが死の直前点検で05、159asbestossの乾いた肺あたりの肺癌に見つけられたように、それは診断されました、そして、アスベストは天井に含まれました。 原告側は強要されました、「都市は、取り外すのを忘れ」て、もっとも、都市は07で天井の板を交換しました。
市の住宅政策課「通常、アスベストは天井から分散しません。 死に伴う因果関係が全くないと思われます。 」戦い造に関する政策、それ【熊谷オーストラリア】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患部のみに放射線 広島で最先端の照射治療開始 »
« 乳がん手術後の乳房再生へ 豪研究所、動物実験成功