乳がん手術後の乳房再生へ 豪研究所、動物実験成功

乳がん手術後の乳房再生へ 豪研究所、動物実験成功

乳癌操作で彼の胸を切除した患者の脂肪細胞を増殖させて胸を再生させるためのテクニックがそうであったときに、動物実験で確認されて、中のネズミとブタ、バーナードオブライアン実験室では、オーストラリアメルボルンは、12番目をはっきりさせました。
来年の始めに摘出経験を持っている患者のために臨床試験に入ると言われています。 それはおなかの脂肪、シリコンなどを使用する再建方法の代理をします。 , そして、それが当然であり、負荷が少しである再現方法として注意をそれに向けます。
最近、それは米国薬の雑誌に発表されました。「再生医工学(再現薬)。」

実験室に従って胸が切除した部分に皮下注射で胸の形があった洞窟のプラスチックで作られたタイプを埋葬してありました。 タイプに定植します、そして、血管はつながります、そして、患者の脂肪細胞が集められると言われていて、増殖は強要されています。
洞窟が3–5カ月後にいっぱいにされるまで、セルは自然に増殖します、そして、胸は再生します。 タイプはボディーの内部で自然に決議されています、そして、表面の事故による鼻などの一部を失った患者などがそれも適用したのが可能にされます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アスベスト:「石綿で肺がん」 死亡女性の夫、京都市を提訴 /京都 »
« 石綿肺がん死補償激減 会社員時代の労災適用