石綿肺がん死補償激減 会社員時代の労災適用

石綿肺がん死補償激減 会社員時代の労災適用

過去の国と処分キャンセル
特に、それが接合する保険が男性の遺族に適用される、(66歳、その時)、会社従業員のいずれの労災保険も年をとらないのに従って2003年に短期間死んだ倉敷市にもかかわらず、倉敷Labor Standards Inspectionオフィスのそばの自営業者では、アスベスト(アスベスト)によって肺癌のため引き起こされます。 保護の低下では、相手から保護決定処分のキャンセルを要求する訴訟の2番目の口頭弁論は、不当なことであると証明されるように著しく、国のような12日の地方裁判所でした。 国は過去の処分が中止されて、会社従業員時代の保険が適用されたという仮定とmoushoを述べました。
遺族は2006年のこの苦心kishoの労災申請です。 アスベストが自営業人の時代に扱われて、それが07で認識されましたが、接合する特別番組の保険に基づく1年あたり59万円がある計算された防護物であると思われました。 遺族は、今年の6月に異論としてこれをケースに持って来ました。
結果として、厚生労働省は、8月(bakuro)の過去の特別な加入者による会社従業員としてのアスベストに露出して、病気にかかる可能性(収縮)が高いなどであることが認められるとき、会社従業員時代の労災保険による代償を持続させることに全国を通じて労働局に通知します; 岡山労働局が9月に再調査するように、1年あたり170万円は定まっていました、今月の初旬のキャンセル処分に、そして、作られているのが会社従業員時代に保険に基づいて修正します。
休廷した後に、記者会見を持っていた原告のサイド被告側の弁護士は、「当初の目的は達成されました。」と仮定しました。 労働局がケースを再調査しているとき、それの全国を通じて後の数60に通知します、男性の良妻(71):「いろいろな事として苦しんでいる人がいる、私として。 私は、解決に向かって欲しいと思います。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん手術後の乳房再生へ 豪研究所、動物実験成功 »
« がん遺児奨学基金 アフラックが募集