がん遺児奨学基金 アフラックが募集

がん遺児奨学基金 アフラックが募集

アフラック(東京)は受け**を募集します。月額で2万5000円(年額の30万円)を癌のため両親を失った高校生のために卒業する高校まで供給する「アフラックの癌の親のない**は基金を研究する」物の人。
物は癌のため失われていて、機会が経済的な理由から狭くされることを学ぶ主な生計維持人(父母など)がいる高校生です。 120は中に合計を住ませます(60は年生、2年生が住ませる30、および3年生が住ませる30を住ませます)。 供給された奨学金の不要な回復は他の奨学金と共にシステムを一緒に使用するのに尋ねられません。それ。
アフラックはこれらの気を確立します。1995年の販売代理店組織と提携した学生であることのお金。 合計で15年毎の1391人の高校生が支持されました。
母子世帯の平均年収は213万円(2006年の年度などにおける全国的な母親と子供の家のような調査)です、そして、平均した年収の約1/3の全世帯が564万円(同じ年間の国民生活ベース調査)です。 高校生の就学する環境は最近、経済不況のため特に、厳しいです。
それは確実に到着します。2010年2月28日申込期限。 それは、来年の5月下旬に最終的にそれについて決めます。 問い合せは社会的なアフラックPublic Relations部の公立の活動推進課((TEL)03・5908・6411)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


石綿肺がん死補償激減 会社員時代の労災適用 »
« 岐阜大大学院の2教授が抗がん物質新開発