がん患者最後の言葉歌い広める 生きる大切さ3世代が学ぶ

がん患者最後の言葉歌い広める 生きる大切さ3世代が学ぶ

収集バー12番目にそんなに触っている音楽癌患者が直前に死、および約110で有効の重要性をこの幼い子供に残したという単語から生まれた「1つの種子」のときにそれは2丁目竜の葉のIchimatsu岬の中の市の松葉小学校(Koichi Naoi校長)の「エネルギッシュな客間松葉パビリオン」でした、保護者、そして、老人の第三世代の人々は学習されました。
癌の我慢強い「良いので、それは1つの種子のときに生きること」の締め括りの言葉が聞かれた沖縄からの女性の看護師が詩での患者の願望をまとめます、そして、同じ町のシンガーソングライターは作曲します。 同じ町の歌手砂川eriutaは歌います、そして、それはそれを明らかにします。
竜の社会厚生福祉会議の岬の都市と音楽の存在を学ぶ松葉パビリオンユーザは、「世代を超えながら’1つの種子’に触れる経営委員会を集める」(**Abeの議長)を集会に形成します。 年の人生子供に尋ねた、参加のための小学校のこの4年。
砂川さんが話す機智に富んだ方法でする可能になるまでの音楽の通路に関して説得して、詩から通路を読みだすとき、前部の子供は、その時まで騒がしい状態で船をこぎます: 深刻な表情に。
砂川さんが、「私は再び1つの種子になりました」と歌ったとき、子供、保護者、および老人は、静かに注意深く聴いていました。 「歌は遺伝子と共に来ました。」と、終わりに印象を聞いた子供は、話していました。  (Sakairiをkikoreします)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


岐阜大大学院の2教授が抗がん物質新開発 »
« 女子大生グループが子宮頸がん啓発に尽力、14日にイベント