女子大生グループが子宮頸がん啓発に尽力、14日にイベント

女子大生グループが子宮頸がん啓発に尽力、14日にイベント

東京の県と大学女性グループは子宮頸(Kei)癌の啓発活動に取り組んでいます。 最近、あなたは、想定される、20歳?の患者が30代増加で急速にゆったり過ごす現状、「防止できない癌しか」をなんとか変えたいですか?それは診察の相談に関するそのような願望からこの世代の女性に尋ねます、「私はさらに評価されます」と言って。 「子宮子宮癌征服圧力出来事」は14日のキャンパス(杉並区、東京)の中の保持された明治大学和泉です。
学生団体の名前は「大学女性ribonmu-bumento」です。接続。 (yui。) 「東洋大学のために4年間碓氷(22)をAkanesanして、共同代表であり、スタッフによる数個でそれを管理するとき、2年間の慶応義塾大学の(20)が役立つ息子;○に鈴をつける、10、」 日本対癌の社会は監督されています。
就任は今年の6月に関するものです。 乳癌の啓発は初めに、主軸に置かれましたが、子宮子宮癌にかかる女性の数が癌の研究で20代に増加して、子宮子宮癌に移行したのを知っていると言われています。
出来事、フリーペーパ、およびホームページ(HP)? 現在の活動の柱はそうですか? まさしく今年の秋の完成のフリーペーパでは、子宮子宮癌診察は経験されました、そして、それは専門家にインタビューに挑戦しました。 日本は様々な外国と比べた子宮の子宮癌の良くて、たくさん以上のなどさん/さんを知らない若い世代のように診察の受診率を下げることです。 現実他がアプローチで言うそのようなものを目撃した碓氷。
deha学生の各々はナレーターです。「connectIは言いたがっています’を私にとって反対であり、私を評価しましょう。’.」「上告のため確実にこの世代から容易に受け入れます」より多くの。 ”

「大学女性hatsuaiに接続された国家的なプロジェクト」と題する14日の出来事は午後1時30分ですか?Everyoneは5時に入ることができます。 愛と結婚のようにカットからの子宮子宮癌について考える「トークセッション」以外に大学生講演、専門家のなど、およびテレビタレントKuniko山田を導く「混ぜられたスターは、コーラスを声に出す」コンサートが、予定されています。
Http://は-c. comをyuiします。アドレス、オンである、いいえ。接続ホームページ/

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者最後の言葉歌い広める 生きる大切さ3世代が学ぶ »
« パネルディスカッション:がんと向き合い「生」を話し合う あす、県立保健大 /青森