パネルディスカッション:がんと向き合い「生」を話し合う あす、県立保健大 /青森

パネルディスカッション:がんと向き合い「生」を話し合う あす、県立保健大 /青森

癌への正反対が青森市のビーチの間の急流の県の健康サイズによって開かれますが、それが豊かに生きる態度について考える「ライブな」公開討論会が、14番目をテントに収容します。 それは各家族が非常に明確に話される、患者、医療関係者、および見地から生きています。
パネリストのSatoshi斉藤合計の*三沢中央の病院の看護師長と川崎のkaedaは*県の中央の病院消化器官内科のKudoと腫瘍のディレクター(腫瘍)の*虹ディレクター、およびsodaotoko内科の丘の内科クリニックです。 「Uhokuはirodohakkenする」というカズオ赤坂をこの紙のシリーズの構成に書いている元健康大きい教授も、コーディネータとして勤めます。
パネリストの講演ごとに関係者の質問を置いて、全体のホールで思う集会に行きたがっていると言われています。
経営委員会「すぐに癌を聞くとき、’死’は想像されるかもしれません。 しかしながら、重要なものがどう私であるように思えて、するかがIfを明るく住ませている、あなたはヒントを得ます。」それは話します。
時間は料金の午後の2–5時あたり500円です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


女子大生グループが子宮頸がん啓発に尽力、14日にイベント »
« 鳥取大病院にがん治療拠点…鳥取・米子