鳥取大病院にがん治療拠点…がんセンター運用スタート

鳥取大病院にがん治療拠点…がんセンター運用スタート

癌患者の処理のベースと専門家の昇進になった「がんセンター」は、12日に鳥取大学付属病院(鳥取県の米子市の西町)で完成しました、そして、操作は始まりました。 同じセンターは2007年に癌の治療の県のベース病院として組織化されました、そして、状況は施設の完成で整然としていました。
3970年の2番目の平方メートルの床がセンターである秒に、通院患者ビルに隣接している診療ビルは、改装されます。 13 抗ガン剤処理ブースと無菌準備部屋の20のアルコーブに供給された、パリアティブ・ケアと通院患者化学療法部屋以外に救急処置などとして、個室と会議室などは設立されます。 集められた患者が、通院患者から移された「桜の花客間」ビル。 総建築費は約5億6000万円です。
22は5の排他的な薬などのように人々を配置します、そして、7人の看護師と1人の臨床心理士が住んでいます、そして、それが各部で采配を振る処理は今までのところ統一されます、そして、それは様々な相談に応じます。 三中心は**gawajunの(57)の上に立ちます。「総気にかけることのインフラストラクチャはすることができました。 処理でその領域に貢献したいと思います。 」それは話しました。
(2009年11月13日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


鳥取大病院にがん治療拠点…鳥取・米子 »
« 放射線浴びたラット、幹細胞移植で記憶能力回復 脳腫瘍治療へ応用も