放射線浴びたラット、幹細胞移植で記憶能力回復 脳腫瘍治療へ応用も

放射線浴びたラット、幹細胞移植で記憶能力回復 脳腫瘍治療へ応用も

幹細胞の移植で放射が照射されたネズミ、および格納能力の回復に引き継がれて、今週米国の科学アカデミー報告(全米科学アカデミー会報、PNAS)で発行された論文。 記憶障害が脳腫瘍の放射線治療(腫瘍)で浮かぶ人の処理であることに適用できる可能性があります。
放射線治療を受けるネズミの頭に幹細胞を移植したとき、論文を発表する米国カリフォルニア大学アーバイン学校(カリフォルニア大学アーバイン校)の調査チームによると、格納能力が4カ月以内に放射線治療から回復したと言います。 他方では、承認機能は幹細胞の移植を受けなかったネズミのように50%以上台無しにされました。
放射線治療を受ける患者は、起こります。いくつかの記憶障害であり、悪影響を住ませるアウトは時折、行きます。 初めて調査チームが放射で幹細胞を使用することによって苦しむように脳の組織を回復できるのが示されて、移植された幹細胞がネズミの承認機能を改良したメカニズムを調べると思われます。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


鳥取大病院にがん治療拠点…がんセンター運用スタート »
« 河北抄