鳥取大付属病院:がんセンター改修 最新設備、診療体制1カ所に集約 /鳥取

鳥取大付属病院:がんセンター改修 最新設備、診療体制1カ所に集約 /鳥取

付属病院(米子市の西町)が約50歳までに通った鳥取大学医学部のがんセンターの修理作業の終わっている記念式典は、12日に関係があった状態でパーティーへ行って、議会でした。 5億6000万円は費やされました、そして、議会でばらばらに扱われたシステムは、1つの場所に統合されました。 「処理はゆったり最新機器と機能を楽に提供するのにおいて受け取られています。」と、センターの教授が上に立つ3**gawajun(婦人科腫瘍(腫瘍)部)は説明しました。
野坂泰雄市長は式典で「市民の高い関心を伴う癌の治療の最後のとりで」と期待を宣言しました、そして、出席している人は内部を訪問しました。
センターは、2番目のセンター診療ビルにおける2階にあって、3970平方メートルの床面積です。 患者は、独立タイプでその人が特別な戸口と承認でも他部門に変わる必要はないと言います。
7歳の教授が看病する**gawaなどの5人の医師、1人の臨床心理士、および合計でフルタイムのスタッフの9 22人の事務の人々。
内部では、それは、乳癌と、子宮癌です。 前立腺癌。我慢強い。なってください。軍備してください。歩きます。膨らんでください。向上してください。リンパ浮腫。通院患者。人工。そのように。ゲート。.インストール。ツール。起こってください。皮膚炎。扱ってください。スキンケア。通院患者。抗ガン剤。管理します。通院患者。化学療法。同居してください。無菌。薬。作ります。他。診療。組織。我慢強い。意見。聴いてください。セカンド・オピニオン。通院患者。癌。我慢強い。客間。

関係診療の就任と各部が4月、’がん対策の基本法則が励行された07′で扱われたので、同じセンターは今年の1月にそれを統合するために修理作業を進めていました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


定期セミナー:旧高崎病院・乳がん患者の会、あす /群馬 »
« 検診やドックでがん発見17% 32万人の患者、初の集計