検診やドックでがん発見17% 32万人の患者、初の集計

検診やドックでがん発見17% 32万人の患者、初の集計

癌の発見の機会が診察であったそれらの割合、健康診断であり、人間ドックは医師に相談した32万人の癌患者の中で中で17%総です。2007年に初めての全の国の癌の診療のためのベース病院であり、7、24%、およびそれぞれの違いを管理にして、部門は国立がんセンターがん対策クリアリングハウスを分析するのからの13番目を理解していました。
領域の間には、比率の診察が受け取られている違い、診察技術の品質などがある可能性は考えられます、そして、同じセンターは、将来、詳細にそれを調べるでしょう。
ベース病院は患者を診断しました、そして、全の国は初めて合計されました、そして、管理部門によると、処理などの情報を集めた「院内がん登録」が、分析されました。 それが患者が病院が位置している管理部門を除きながら来る都市の部分「越境相談」だけ、ではなく州でもあると判明します。 病院が良質の医療に選ばれている可能性、および病院の影響などがそうするベースの位置の地域が考えられると言われています。
それは9です。癌の診察。 %であり、健康診断と人間ドックは8%です。備え付けることの癌が「それは自治体の癌の診察の有効性評価の役に立ちますが、部分に従った詳細に渡る分析が必要です」であったならば、同じくらいでは、センターは地域差です。 「他の病気の節は観測されています」は21%です。 62%が呼ばれて、それがあるということである、「さらに、 不確実性、」、大部分が、いくつかの理由で自発的に医師に相談した人々です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


鳥取大付属病院:がんセンター改修 最新設備、診療体制1カ所に集約 /鳥取 »
« 営業で窓口でがん検診PR保険・金融5機関県と協定