営業で窓口でがん検診PR保険・金融5機関県と協定

営業で窓口でがん検診PR保険・金融5機関県と協定

県やアメリカンファミリー生命保険(アフラック)などの5つの保険と金融機関は13日に県のがん対策を促進する協定を締結しました。 保険の従業員と金融機関は20%から30%における滞在から窓口業務と営業活動による県の住民対一般家庭の癌の診察受診率までの癌の診察のPRなどで役を務めるでしょう。
それは、アフラックと、東京海上日動火災保険と、山梨中銀と、山梨消費者信用組合と、この日の協定を締結した都留信用組合です。 これらの5つの組織が、診察協定に基づいている癌のPR以外にチラシ分配とチャリティー・コンサートなどで県のがん対策に協力するのを計画しています。
Yokouchi知事は、13日に5つの組織の社長と打ち合わせます。 「初期段階にそれを発見したなら、癌は治る病気に十分なりました。 診察のPRに協力するのにおいて可能であるのは心強いです。 」それは説明しました。
県の死の住民の最初の原因は1983年以降「癌」です、そして、県は、年度2012で癌の診察対50%以上の受診率を改良することであることを目的としながら、掛かっています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


検診やドックでがん発見17% 32万人の患者、初の集計 »
« がん検診普及 企業後押し  県と5社が初の協定締結  営業通じ県民に呼び掛け