がん検診普及 企業後押し  県と5社が初の協定締結  営業通じ県民に呼び掛け

がん検診普及 企業後押し  県と5社が初の協定締結  営業通じ県民に呼び掛け

のろい癌の診察の相談速度向上のための県や保険会社などの5つの会社が13日での協力の協定を締結しました。 ブランチと政府機関の店ネットは有効に利用されます、そして、それは営業活動で県の住民に癌の診察を広く求めます。 県が癌の診察に関する協力の協定に民間企業を接続するのは、1番目です。
協定で県を結論づけたのは、東京海上日動火災の保険と、山梨中央銀行と、山梨消費者信用組合と、都留信用組合と、アメリカンファミリー生命保険(アフラック)です。 同様のアプローチを進めた2つの保険会社会社が、全国を通じてセンターになりました、そして、それは協定結論を求めました。
具体的に、各社は癌の診察の相談を求めるチラシを作ります、そして、それは政府機関とブランチの窓口でそれを分配します。 県の顧客と住民が啓発以外に計画されているので、講演会などに関連する出来事は営業活動で進行します。 企業はそのような活動の費用を負担します。 県の健康な改良部は、「(協定結論における) 診察の重要性は、癌で関心がある人にとって周知であり終えます。」と仮定します。
癌は県の死の多くの原因です。 昨年がん対策販促計画で決めて、早期発見が治療中であり有効であり、県が年度2012に癌の診察受診率を50%まで上げる数値目標を設定していると思われます。 他方では、最も高い男性の胃癌の受診率に従ってさえ、07年の県の受診率は36.9%(全国平均での32.5%)における20–30%のレベルと低レベルで残っていました。
各社の横内正明知事と代表は出席しました、そして、この日に県庁で調印式をしました。 「県の住民が忠実である企業の協力を受けることができます、そして、それは非常に心強いです。」と、Yokouchi知事は強調します。 また、各社の代表はそれぞれアプローチに関する願望について説明しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


営業で窓口でがん検診PR保険・金融5機関県と協定 »
« がん遺児奨学基金:奨学生を募集