がん検診率向上へ 県と企業が協定

がん検診率向上へ 県と企業が協定

銀行の窓口などの啓発チラシ。

県は民間企業を13日に癌の診察の受診率を改良する協定にしました。 啓発のためにチラシの分配と癌予防を促進する出来事が、開催されて、がんの早期発見が処理として呼ぶと言われています。

それは、東京海上日動火災と、山梨中央銀行と、山梨消費者信用組合と、協定に県をつなげた都留信用組合です。 チラシはそれぞれの店の窓に置かれます、そして、顧客の家が将来訪問されるとき、それは、相談を求めるでしょう。 そのうえ、また、保険会社のアフラックは同じアウトラインで協定を結びました。 同社は10月に県に開催されたチャリティー・コンサートで資金調達を寄付しました。

癌は1983年からの県に従った県の死の原因の1位です。 3で1人に文通した2300人に関して、県の中で死んだ人が、2007年に癌で死にました。 県は「がん対策販売促進が、’08 3月に」 コネを計画しています、そして、50%の受診率を目的とするか、一層の癌の診察が12年度であること’と決めます。 それが20で30%滞在していて、もっとも、県の受診率は全国平均のものより高いです。

横内正明知事: 協定結論にタイプしてください。 「私は、県の多くの住民に相談の必要性を学んで欲しいと思います。 それは、ネットワークと窓を使用して、広まりたがっています

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


あなたのPCが小児がんの子どもを救う! 日本発のプロジェクト、greenzも参加中! »
« がん対策:県、推進へ生保・金融機関と協定 /山梨