がん対策:県、推進へ生保・金融機関と協定 /山梨

がん対策:県、推進へ生保・金融機関と協定 /山梨

県は生命保険会社と提携したがん対策におけるアプローチと13日の金融機関を発表しました。 各社の横内正明知事と代表は、その日のうちに協定覚書にサインしました。
それは、県との協定をした会社と組織です。東京海上日動火災(東京)*アフラック(同じくらい上で同じ)*山梨中央銀行(Kofu市)*山梨消費者信用組合(同じくらい上で同じ)*都留信用組合(富士吉田市)。 ..5を飲みます…
県は各社と協力します、そして、チャリティー・コンサートと癌予防に懇願する展示会などの出来事は開催されます、そして、診察の必要性は将来、広く上告されるでしょう。
県は12年度で3月に決められた「県のがん対策販促計画」と、’08、および17年度による20%の癌との当然の死亡率レートの意志の減少’で癌の診察対50%以上の受診率を改良する目標を設定しています。
年間の県の健康な改良部によると、年度2007に癌の県のサイコロの中で死ぬ人の28.3%に達した2360人。 そうする5種類の診察の受診率は15でした–肺癌35.1%と大腸癌24.2%のような35%など

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診率向上へ 県と企業が協定 »
« 末期がん宣告の陶芸家が個展 今治で15日から