末期がん宣告の陶芸家が個展 今治で15日から

末期がん宣告の陶芸家が個展 今治で15日から

市の吉海町泊今治の(58)が末期ガンに判決を下した陶芸家shigematsushiは同じ都市の宮窪町の老人の民家chafusaがある15日から3日間の開いている個展「2のshigematsushi tsuku**10」宮窪と今春の****茶(郊外の別荘)がそうするでしょう。 内部の協力を受ける全身(全身)とボディーが弱くなって、動く友人の特別展。 それが熱心である、「展示会に出品したいと思う、自分自身のが働いている、」 陶芸が学習された、仕事のサイド独学であり、窯は1981年に県の瀬戸市愛知で開けられました。 それは96年間家を吉海に返します。 それはOribe焼け跡の伝統スタイルを評価したスタイルから茶器、水盤、および食器を作り続けました、そして、個展は毎年の東京と大阪などで開催されました、そして、人気がありました。 物理的な状態を無効にしました: 今年。 微熱は引き続きました、そして、私は胃で痛みを感じました。 かいよう(かいよう)と信念数の月の間いなくなっていましたが、胃癌は今春に相談で見つけられました。 6月に名古屋で予定されていた個展は、取り消されます。 重さは約20キロも減少しました。 そのような時のローカルの友人から「さん/さんがエネルギッシュであることを見たいと思います。 Shigematsu。 再び個展を開催しましょう。 」声。 アトリエに残っていた120ポイントの周りの仕事は慎重に選択されました、そして、ホール準備などのアレンジメントは友人と共に進められました、「望みを持つことができました」と言って。
 「久しぶりの陶芸の仕事。 私は陶酔感さえ感じます。 」さん/さんと共に Shigematsu。 前述であり、微笑んで「それがするつもりであった強い意見は、現在、まさにまだ開催される」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策:県、推進へ生保・金融機関と協定 /山梨 »
« 高松市:新病院の基本計画案 がん、救急など重点 /香川