がん検診率向上に生保・金融機関がアシスト 山梨

がん検診率向上に生保・金融機関がアシスト 山梨

1983年からの県の山梨の1死亡原因位が完了していて、金融機関と生命保険会社が広まるので、県を協定にするということであるがんの早期発見、および啓発活動のための役に立つ診察、してください。
東京海上日動火災、アフラック、山梨中央銀行、山梨消費者信用組合、および都留信用組合が各商店のショーウィンドウにポスターを掲示するか、または顧客の家が訪問されるとき、相談を求めます、そして、癌予防販売促進チャリティー・コンサートは開催されます。 県の癌の診察率は20に30%残っています、そして、県は「50%以上を目的としたいと思います。」と仮定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「切らずに治す」がん重粒子線治療 佐賀市で公開講座 »
« 子宮頸がん ワクチンに公的支援を