家庭的な環境、利用者の支え

家庭的な環境、利用者の支え

癌に苦しむ子供と真剣な神経と筋肉疾患などを好きであるのが、必要です。 , そして、冷静に家族と死を費やすことができる場所。
そのような願望を置いて、イギリスで初めて世界のそばで始まったのは、「子供のホスピス」です。 「時間は合衆国、ドイツ、およびオーストラリアへの普及である間、容易に国内に来ないで、などは、初期段階の設立の必要性が県の奈良の幼い医学の人から上げられたと指摘する声です。」
子供のホスピスのリードは、1982年にオックスフォードに設立された「ヘレン家」です。 家庭的な雰囲気と環境はあります、そして、それは特徴です、そして、庭と温水プールがあります、そして、看病するような特別なスタッフは住んでいます。 経済負荷が大きいので、ユーザの多くが医療費などにおける貢献で費用を融資しています。

「幼児の時間が長さと、深さでないことが教えられました。 生きるのは、素晴らしい現在です。 」

ヘレン家の設立者とフランシスドミニカ共和国は、それが日本に来た10月に奈良市で東大寺Templeで開催されたセミナーで前方に集まった幼い医学の人を訴えました。 家を使用した子供で生き生きとした表現はフランシスが紹介した写真にあふれました。
苦しい経験、彼女の重い脳障害の長男がいるイギリス人の女性に関して話した後に: 「心が麻痺していないなら、それをしすぎることができそうにはありません」と言うセミナーで。 「余生の間、ヘレン家を与えます、そして、高められた時間を限られた子供に与えます。 成長を見るスタッフは、それを奨励できます、そして、新たな気持ちで家庭生活に戻ります。 」施設の存在は、話しが心のサポートになったと言いました。
県の中では、癌や呼吸器疾患などの慢性の幼い特異的疾患の重い病気によって認識される少数が、171人(3月現在)です。 真剣な精神薄弱者は1099人のところに行います、そして

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


進行がん患者で利点示す、メルサナのXMT-1001 »
« 第47回日本癌治療学会開催 療者,患者,行政が目線をそろえ,がん治療を考える