第47回日本癌治療学会開催 療者,患者,行政が目線をそろえ,がん治療を考える

第47回日本癌治療学会開催 療者,患者,行政が目線をそろえ,がん治療を考える

第47日本癌治療学会は杉山(iwateidai)のToru議長のオリジナルと22にPacifico横浜(横浜市)に保持されました–10月の24日。 「視線?癌の治療へのClinical OncologyのPerspectives」Anの活発な議論はwoによって交換されて、「癌の治療における現状と変化」に関して医療人だけではなく、患者、家族、管理、および視線からも見られたテーマがそれぞれ法人であるということでした。 特に、評価するとして画期的な試みように患者との協力をしました、そして、「患者の視線」として活動のベースになった「患者活動家団体ラウンジ」としてのシンポジウムのパフォーマーが社会場所にインストールされたとき、我慢強い代表は、プラットホームを昇りました、そして、50人の我慢強い代表が参加しました。 また、この紙では、議長講演、がん対策特別シンポジウム、およびサイコオンコロジーに関する講演は途中で報告します。
それは見落とされた卵巣癌に挑戦します。
議長講演では、「難治性の卵巣癌治療に挑戦してください。」と、それは最新の調査結果を含んでいて、杉山が取り組んだ難治性の卵巣癌治療のための臨床的な研究に関して報告しました。 これらの中の認識セル腺癌と粘液性腺癌であり、卵巣癌が病理学における漿液性腺癌におけるmakusen癌、種類、認識セル腺癌、および粘液性腺癌に分類されますが、予後が悪いと発見するのは、化学療法耐性です。 これらの2人の組織型が、国際的な議論が開発されたと報告して、JGOG(婦人科悪性腫瘍化学療法研究メカニズム)による作られていて、国際的で、共同している試験の容器であり維持と医師開始臨床試験が欧米にもかかわらず、臨床的な研究による前進がないことでまれであるのから始められたということでした。 そのうえ、これらの癌に学んで、分子生物学で腎細胞癌と大腸癌などに似るのから、より良い処理方法開発まで重要であった認識セル腺癌は説明されました。
現在年が3番目に受け取って、診療?癌のSpecialがシンポジウムを映し出すということであったときに、「がん対策の基本法則」が2007とどんな現状のときに実施した地方の癌の医療Isの現在の状況と問題はそれです。「がん対策の基本法則に基づく癌の医療を変えましたか? それを2年を振り返ります。 」そして、様々な見地のパフォーマーは結果を含む癌の診療の現状に関して報告しました。
Tsuneo佐々木(首都の駒込病院)はベース病院の見地からプラットホームを昇ります。 それは「東京がん対策販促計画」に基づく24の東京病院で作られた部会の活動、およびパリアティブ・ケアトレーニングの今後の課題と更なる増進が列挙されたとき、個人情報保護法が壁である予後調査を実行する方法を導入しました。
2はがん対策として管理部門を絶え間なくプラットホームを昇ります。 ‘Murashitahaku(島根県のOki保健所)は、特徴付けられた島根県であり、4つの我慢強い15代表しているがん対策委員会を列挙して、癌の患者群を取ることができて、パーティーはその結果’「島根県のがん対策販促計画」における意見に最大限に関係があったと報告しました。 「そのうえ、患者、医療機関、企業、マスコミ、管理、アセンブリ、および教育機関は結合されることの未来とがん対策で提案するでしょう。」7番目。 ..アースしてください。「入賞してください、オンである、」 提案されて、それは重要でした。 Wakabayashigou(iwateidai)は岩手県のがん対策としてiwateidaiに集中する活動に関して報告します。 それはそうでした。腫瘍医師と放射線技師のトレーニングが列挙されて、始めを導入していた間、1000人以上が我慢強いアイラインの普及の場としてインストールされた「癌患者客間」が、それを設立した後に6カ月後にそれを使用するように、問題としてのがん対策がよくたこになる前に、医療崩壊に対する測定が必要であったのは、上告されています。
金鉱hiroshishin(徳島アカデミーの重病)はその領域の連携病院として見地から現在の状況と問題を示しました。 それはそうでした。人員不足が、連携病院の問題であり、診療報酬による評価が才能の安全にするのに必要であると主張したのは、上告されています。 プラットホームであり管理の見地から、それは進歩を導入しました。そのうえ、 takeshi鈴木、(厚生労働省、がん対策販売促進部屋)、上昇、我が国のがん対策、および同盟が列挙されたトレーニングビジネスと地方の増進で、未来は仕事を課します。
マユミホンダさん(読売新聞)はマスコミと患者として見地から「上告する」ために患者の通信について確かめた3つの局面を導入しました。 局面「適切な治療は受け取られてい」て「癌患者を見捨てない医療」では、多くの患者と標準的に用いる治療法の導入に制限されたがん対策販売促進基礎プランの評価手法が達成の倍を読むインデックスでないという問題は設けられます。 そのうえ、ベース病院に集結された患者が、局面から新しいガン難民を引き起こす可能性を指摘した現状のときに、「ガン難民は迷子になります」。
最終的に、管理改革料金大臣ががん対策決定の基本法則にかかわった**taniyoninはプラットホームを昇ります。 それは、それを言って、「医療サイトの本当の意見をさらに列挙して欲しかったこと」を要求しました、そして、地方の癌の医療改良のために「有効に声を利用するようにアセンブリにさらに求めて欲しいです」。
癌患者のQOLを改良する心理学的介入は、何ですか?
教育的なシンポジウム「サイコオンコロジー」(議長のtomi**kaishi、大阪大学、およびmorimasakiは国立がんセンターの東病院と等しい)で、精神的な腫瘍の現在の傾向に関して報告された5人のパフォーマーが、癌患者のQOL改良と拡大が目的とされたそれを研究します。まず、内部の富は精神的な腫瘍研究のアウトラインについて説明します。 それによって、癌が癌患者の心の反応として再発した後に、憂うつの普及で40パーセントの過剰を列挙して、ロール・プレイに集中したトレーニングでコミュニケーション技能を改良するのが、重要であることがわかりました。 そのうえ、導入した、脳下垂体の後に義務分野の最新の調査結果、および家族として葉の参加から「共感」でその介入についてhorumon、okishitoshinに研究してください、そして、そのうえ、また、家族への圧力の「2番目の患者」も必要でした。
ブルック朝の人生(国立がんセンターの東病院)は悪い知らせを伝えるための通信技術として「シェア」を導入します。 環境を支持して、(支持的環境)を設定して、言うこと(どう悪いニュースを送る)と追加情報を提供して、(追加情報)、安心感、および感情的なサポートを提供するための(再保証とEmotionalサポート)テクニックを提示して、その後動作として患者の上で看護師などを含むチームで否定せずに悪いニュースにアプローチするのが重要であると強調されました。
明智ryuuotoko(大都市サイズ)は癌患者の精神錯乱、憂うつ、および管理について説明します。 精神療法と薬物療法を支持しながら列挙し続けて、管理としてこれらの中で精神療法を支持する際に患者を理解するために努力するのが重要であると説明されました。 そのうえ、自殺の現状に触れました、そして、ハイ・リスク・グループに注意するのが「すぐ男性にそれを診断した後に、癌を進行をする」と思われて、自殺の防止に、痛みに対処して、憂うつは早めに、重要でした。
ユタカ小野(慶応義塾大学)は癌患者が認知行動療法の敬意によってつかむ打撃と不安に通信を紹介します。 それによって力がわかりました。態度と表現から気にかけるとき、「患者は医療人の目を見てい」て注意として患者に伝わる列挙。
最終的に、Hideki鬼石(埼玉医科大学の国際的なヘルス・センター)は家族と遺族の心理状態に関して報告します。 それは評定しますが、認められたレポートを評定してください。明確に2における滞在から家族の状態を確認します–精神医学のdiseaseMoreover、3%は、重要であり、癌患者の家族の30%が相談であると10に宣言して、「死別」は遺族の死亡率と精神障害罹患率の上昇が引き起こされましたが、積極的な医療介入が防止につながったという意見を示しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


家庭的な環境、利用者の支え »
« 小学生が紙飛行機作りに挑戦