小学生が紙飛行機作りに挑戦

小学生が紙飛行機作りに挑戦

JALパイロットはそれを誘導します。日本航空(JAL)の客室乗務員、パイロットなどが指導ポストとして機能した折り紙の飛行機教室は15日に大田区の低木クローバー中小学校で開かれました、そして、挑戦された地区の70の小学生に関して、それを滞空時間にする紙飛行機は、長距離です。
長期化パイロット新市(44)他がどう分解するか、そして、どのようにかを誘導した人生が「左右のバランスに関して、注意した」というなどの8人の従業員とこの日に飛ばす紙飛行機。 滞空時間を競争する集会が行われます、そして、東がまの小学校記録5秒36とそれの4歳のKeisuke上田(9)は優勝します。 「あなたは考えたより長い間、飛ぶことができます。」と、上田さんは話していました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


第47回日本癌治療学会開催 療者,患者,行政が目線をそろえ,がん治療を考える »
« 研究活動助成など10件 北國がん基金、27日に贈呈式