研究活動助成など10件 北國がん基金、27日に贈呈式

研究活動助成など10件 北國がん基金、27日に贈呈式

それは、7と啓発活動販売促進に区分される金沢都市の新聞ホール、および基礎の北の**癌の研究振興財団の理事会が、決めた北の**で開かれて、合計で10のために合計で2について1まで770万円決めました、そして、13日の特別な称賛部は23番目の北の**癌基金の販売促進物としての研究活動推進課との決定について決めました。 **北の保持されたコネは新聞です。贈呈式、27日の20番目の床のホール。
16は23番目の北の**癌基金の販売促進のために県で大学、病院、および関係団体などから推薦されました、そして、利用がありました、そして、選考委員会と理事会で内容について議論しました。
Shuichi Tobita理事長、(北の**の社長、新聞) そして、理事会における任期満了に従って、再任されたコネが役員改選であったならばTakazawa(この専務)をkisenmurijiします。 ディレクターは以下の通りです(*は新しい被任命者です)。
山。金沢。商工会議所。社長。県。マネージャ。社会。渋谷。金沢。経済同友会。ディレクター。カウンセラー。福光。代表幹事。伊藤。県。ファイバー。社会。渋谷。県。鉄工。社会。北川。県。工事。産業。社会。安宅。県。銀行協会。 Koichi山下(金沢医科大学の理事長)の北の元yorokoakira(北陸大学の理事長)*針のdensatoshi(県の福祉部の健康指導官)コモリと[情報を得てください; ichi**]という高田(県の姉妹会議の代表)*Nakamori(県の若い人の大規模会議の代表)Wataru稲垣智恵子(テレビの金沢副社長)のDenhiroshi(県の会議の労働者の福祉の理事長)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小学生が紙飛行機作りに挑戦 »
« 【主張】子宮頸がん予防 ワクチンも検診も大切だ