【主張】子宮頸がん予防 ワクチンも検診も大切だ

【主張】子宮頸がん予防 ワクチンも検診も大切だ

子宮頸(Kei)癌を引き起こすヒト乳頭腫ウイルス(HPV)のワクチンは厚生労働省によって承認されます、そして、それが早いなら、ワクチン接種が1年の中に出発すると予想されます。
約8HPVがセクシュアリティで主として感染していて、経験感染に関するデータは、人生でも一度存在していて、あります。 それが防止できる癌ですが、子宮子宮癌がHPVの感染を防ぐなら、1年あたり2500人の女性が国での防止がそれであったならばそうすることができる癌で死にました。
セックスがアクティブになって、この承認をたいへん歓迎したいと思う前に、段階でワクチンを予防注射することによって、大きい予防効果を中学生に予想できます。
新しいインフルエンザ手段は、他方では、伝染病が明確のようにワクチンですべてを解決できないことになっているとさらに、認めるべきです。 また、診察による早期発見の努力も重要です。
HPVワクチンの感染予防効果は約70パーセントです、そして、反対に言うなら、30パーセントは感染してもよいです。 セルの異常は診察で理解されます、そして、処理がこのワクチンで有効でないので、HPVと女性が30代の状態で初期段階に既に感染している20に関する通路観測と処理につながるのが、必要です。
癌にかかったセルが、チェックされませんが、癌に行く前に、子宮子宮癌の診察は、段階でセルの異常の存在を区別できます。 量だけが、早く他の癌の診察と比べて事故を見つけることができます、そして、また、処理の効果は上ります。
また、それが感染していても、免疫のパワーで自然にウイルスを排除するこの件は、それが、1000人というはるかに癌であるために展開する約1人であると言います。 通路観測が前癌のステージから続けられていて、処理が必要である兆候が理解されるとき、初期段階に対応するのは重要です。
5–10の年の期間があって、診察と通路観測の結果、初期の癌を検出できると、操作の後の妊娠出生は、また、一夜が滞在する秒に関する頃進行中の操作のためHPV感染症から子宮子宮癌に得ることによって、可能になるでしょう。
問題は、特に出産する前に、診察の重要性が年令のときにあまり知られていないということです。 厚生労働省は「子宮子宮癌について考える市民の協会」ですが、20歳か、より多くの女性と「2年に一度診察を受けてください」と呼びながら、NPO法人に従って、PRを十分言うことができません。

ワクチンの承認は、子宮子宮癌に関する心配を改良する機会です。 私は、防止できる癌から女性を弁護するセットの2ステップによるワクチンと診察への測定を機能アップして欲しいと思います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


研究活動助成など10件 北國がん基金、27日に贈呈式 »
« 乳がん患者向けパッド