乳がん患者向けパッド

乳がん患者向けパッド

水戸市の大塚町におけるマリコ主婦Uchida(57)は癌のため彼の胸を切除した患者に淡水真珠を使用したパッド「真珠パッド」を開発しました。 それは、元々、私のためにそれを作りました。彼の胸を切除しました。 それがくちづてに拡張する力と、生産ですが、私は時間と費用側面から応じることができません。要求されています。 それはそれを商業化する企業を探します、「以上を明らかにして、患者の不安を失いたいと思います」と言って。

「真珠パッド」、部分のような皮膚が詳細な淡水真珠、ビーズ、および綿によるパッドの下に絹と市販のブラジャーのコンテンツを置くその有効打突。 身体の動きに従って、真珠は自然移動をします。
洗濯ネットを入れる、洗っても、タイプが潰さない耐久性に加えた外観は評価されます。 インストールされたモニターの患者は、表現が軽くなって、水泳にはユーザがいると「それはすてきです」と言って、レースを扱う下着スタイルのデザインに言います。 「豪華な感じであり、暖かく、優しいです。」 「それはさん/さんです」 Uchidaのものは気持ちを使用します。
それ、開発の始まりはそのさん/さんです。 Uchidaは2007年秋に東京の東京アカデミーの重病に左の胸とリンパ節の摘出手術を受け取りました。 喪失感は大きかったです、そして、「私は、将来、どのようにそれになりますか?」と不安は交差されました。 そっと歩いてください。それが世界であり、主流であることは、シリコンゲルで作られています、そして、カバーと特別なブラジャーが必要です。 海外男性には開発されるのとさん/さんがいたと聞かれました。 Uchidaは、「これに、重要な胸の代理をするのは孤独です。」と感じました。

さん/さん Uchidaは、雑誌などの考えのプロジェクトに申し込む「町の発明者」です。 , そして、食物と毎日のnecessariesWhenの仕事で何回も選択されて、携帯電話がエプロンの左のポケットに入れられて、ヒントが適度の重さであるということです。 ボディーのバランスが、正常であるような気分であったと言われています。 「ピンチは機会です。 自分でそれを作りましょう。 」それは操作の来月を作る原型を始めました。
体力が下がって、出かけるのは、また、つらい時期によっても夫Teruo(63)の協力を受けて、手芸店で物質的な収集をしました。 「妻は、気が狂うようになって、それが仕事で意気消沈させた解雇を持っていませんでした。」と、Teruoは話します。 rihisashi小川によって奨励されて、緩和剤に努力した主治医の東京の大きい大学院の准教授が気にかけて、「パンフレットを置こうといって、それを商業化するとき、それの広告を出した」ということでした。

さん/さん Uchidaは1番目で改良版で2番目を適用しました。国内と3月の今年の3月の’08フィート特許出願。
さん/さん 「ボディーだけではなく、心も操作からの乳癌患者に苦しみます。」と、Uchidaは言います。 痛みは操作の後に残っています、そして、継続放射で扱われたケースと抗ガン剤もあります。 それも打つようになる人がいるとき、それは良いです。 「しかしながら、泣かずに、言いたいと思います。 私は、私が開発したパッドで不安と痛みを少しでも減少させて欲しいと思います。 」それは話します。
問い合せはさん/さんです。 Uchida((TEL)029・252・3077とメール meiyu.ter@gmail.com )。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【主張】子宮頸がん予防 ワクチンも検診も大切だ »
« WorldVoice:がんは夫の命を奪ったかもしれないけれど、夫は打ち負かされ…