子宮頸がん撲滅へ、大学生が呼びかけ

子宮頸がん撲滅へ、大学生が呼びかけ

増加した20代にそれは女性の「子宮子宮癌」です。 実際に運ぶのはこの癌、および癌からそれを通信させます。それはこの世代(すっぽかされた学生)だけに防ぐことができました。
「トークセッション、’愛している人への将来の正反対’のテーマ。」 「(テーブルベル村接続学生社会の乳母佐織)。」
プラットホームで愛と結婚に関して話す学生。 約500人は東京で大学生の周りのホールで集まりました。
およそ20代の間の子宮子宮癌にかかる女性の数は今、国内で増加しました。 出来事は開催されて、学生が癌の診察を求め始めたので、それは彼らによるこの世代までの知識を言うかもしれません。 また、Kuniko山田は議長進歩に参加します。
「死亡者は0に調整される」「tokanakyaが入賞するのを聞くのはそうあるべきでない今日は場所(Kuniko山田)です」。 「(学生社会は息子;○をmusudaihyousuzuします)。」
子宮子宮癌は癌が子宮の入り口を作ったということです、そして、主な原因はウイルスのためです。 女性の80パーセントが性交などで感染していると言われています。

しかしながら、ワクチンでこのウイルスの多くを阻むことができます。 「重要なことを要人に言いたいと思います。」 「それらはそれがこの出来事を後援したそれらの願望です。」
「メンバーが連れて行かれて. . 診察行くkanakuchato私が、それがひどいと考えた、使命感、」
「ある診察のもう片方のパーティーが欲しくないと思う、一緒に心配してください、将来協会になりなさい、」 「(出来事に参加した学生)。」
「私によって思われる話しは、実際に感じられます。」伝えること。 最もrundanatteします。 「(学生社会musudaiはakanesanをhyouusuiします)。」
「それでも、これが始まりであるので、それになるので、将来続きたがっていると思われます。」 「(学生社会は息子;○をmusudaihyousuzuします)。」
この小さい運動は全の国、およびそれが、癌の撲滅に導いて欲しいものに達します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


WorldVoice:がんは夫の命を奪ったかもしれないけれど、夫は打ち負かされ… »
« 東京・足立の白血病長女殺害:「治療に金かかる」将来悲観 自身も乳がん手術の二重苦