東京・足立の白血病長女殺害:「治療に金かかる」将来悲観 自身も乳がん手術の二重苦

東京・足立の白血病長女殺害:「治療に金かかる」将来悲観 自身も乳がん手術の二重苦

それぞれ特効薬グリベックと3200円
長女が慢性骨髄性白血病(CML)にかかるのが理解されて、高値の中古の特効薬「グリベック」が乳癌の母親(77)が白血病の長女を殺害した出来事のため中で東京足立ウォードに値を付けた、(53 その時)、 適用範囲から警視庁竹の墓の笙までの先月 それを言って、最近の調査、および母親の70パーセントの負荷範囲のグリベックの医療費が将来を悲観する証言をしていると感じている患者が「扱うために多くのお金を取また、(私はそれを入れます)」は、判明します。 多量のお金の処理の負荷の重さは事を背景としてあったように思えます。 【[捨ててください; yasushi]という川内】

それは彼女が10月21日にPettyナイフで母親に関して血液を失う突き抜けることの死にした告発に従った家の長女の首です。
東京の病院による相談されて、同じ警察署によると、’07 2月のめまいなどからの医師と長女がCMLと診断されたということでした。 10月に骨髄移植手術を受けましたが、それは約1年後に再発するでしょう。 それぞれ約3200円のグリベックは1日間、物理的な状態に1–6つ合わせられました、そして、それはそれを取るようになりました。 それは運営手数料を含みに定期的に1カ月に一度病院に行く約200万円の医療費かかりました。 それは病気のため働いていたデパートから引退します、そして、それがその時失業者であったことが示されます。
また、母は、今年の4月に乳癌を作動させます。 その後、2以上抗ガン剤は使用されています。 それは証言されていて、「治療費は最大約25万円をそれに2人々カ月費やす」というなどです。 , そして、それがそのおよそ数1000万円言われましたが、事を背景として値を付けられた高値の治療費があると予想するのを救ってあったと言います。
今年のCML患者のために意図する東京の大きい医学研究実験室の調査チームの8月終わりまでの調査では、景気の悪化に伴うグリベックの費用で負荷を感じる患者は、急速に増加します。 3%の患者がいる、だれ、中断、取りも経験があったか。
この実験室の最初の**Hiroshi(医療支配)の特殊勤務准教授「グリベックに加えた抗ガン剤による治療費が継承に入ると推測されて、負荷と未来までの医療費の不安は大きかったです。 指定された病気: 医療費の自己負担は1万円以内で終わりますが、単に3時までに原則月は国であれば多量のお金の長期の病にそれを指定します。 患者が多量のお金の処理費用によるグリベック以外に喘ぎながら言う薬は少しではありません。 すぐ負担軽減のそのような薬に国のサポートのシステムを維持するのが、必要です。 」それは話します。
==============

- 言い表します。

- グリベック
慢性の骨髄性白血病(CML)などの処理。 CML患者は、8000人に関して国内にいるように見積もられています、そして、グリベックが飲まれるとき、病気の進行は高い確率によって抑圧されます。 それは日本で01で承認されました。 それは基本的に通常day4を取り続けます。 国での高額医療費のための利益が使用されていても、それは70歳の一般的な収入人以下で医師の処方箋で1年あたり約50万円1カ月に一度かかります。 他方では、自己負担がどれへのそこで飲んで、後天性免疫不全症候群(これが住ませる約100)が選ばれているのが、慢性腎不全(約25万人の患者)*血友病(これが住ませる約5000)*の一部の不透明なものであるということであるかとして1カ月(多量のお金の長期の病)あたり1万円以内で人工でどれを終わらせるかという特異的疾患の線hi次の折りはそうです。透析にされる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん撲滅へ、大学生が呼びかけ »
« 東尾理子、上原彩子らプロゴルファーが「ピンクリボン」チャリティートーク