小児がん患者のドキュメンタリー、名古屋で上映

小児がん患者のドキュメンタリー、名古屋で上映

今年幼い癌患者と1998年以来だれかについて来る人に関して経験が映画であるというサマーキャンプの記録。 映画賞が勝ち取られたninariと文化庁の「風?Ten数年(幼い癌と仲間)の形」A文化的な記録映画素晴らしい賞。 それは名古屋市の中村区ツバキ町のshinemasuko-reで20日までそれを上映しています。 生産する人は、先で独立している協会の選別ものを上げるのが成立することです。
聖路加国際病院(東京中央区)のHosotaniサブディレクター(61)がキャンプさせ始めたryoufutoの3人の医師によるボランティア団体。 癌の告知を受け取る子供が、話すことができる場所が作られても、それは計画されています。 それは自然に費やされます、そして、病気に対する戦いや、病気といじめ、先物取引などへの偏見で苦痛の夢はおよそ率直に話されます。
さん/さんに同情した新市のドキュメンタリーの作家伊勢(60) 「子供の知らせと表現を残したいと思う」というHosotani願望は99年間写真を撮ります。 関係者と家族は、毎年のクリスマスにこの病院で見ました。 取り始めました、そして、10の転機で何年も作りました、そして、それは映画に行きました。
それは看護師になった元患者の女性です、「当惑している人と弱い人を助けたいと思います」と言って。 言う少女、「病気になったのは、家族でなく、自分で十分でした」。 2度再発する19歳の若い人は、「周囲で人の親切を理解するようになりました」です。 「急性リンパ性白血病。」
shinemasuko-reによる選別: 午後3時15分に。 03 ..iseは=を撮影します。(3406) 問い合せTo 9455=。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ユンソナ、胸の腫瘍摘出で心境を告白 »
« ゴールデンスピリット賞:小笠原選手に 小児がん患者支援