卵巣がん患者会からドラッグ・ラグ問題でヒアリング―薬害再発防止検討委

卵巣がん患者会からドラッグ・ラグ問題でヒアリング―薬害再発防止検討委

「検証のための薬の投与があるためのどのように、薬剤性肝障害出来事の再発防止の諮問委員会」、(ドイツ協会医科大学の議長=寺のnoakiraと代表)が招待した厚生労働省では、「の卵巣癌経験人ミーティングを代表している雌鳥kimihoがにこやかであるか、」、11月、16、 そして、ドラッグラグ問題の公聴会をしました。 Henkiは、限られた癌の種類の患者だけが外国での広い癌の種類の調整と共に薬を使用できるという現実が日本にあると指摘します。 それは、「そのような犠牲者がラグの増加に薬品を混ぜます、そして、独立診療という名で証拠なしで処理したのは、より危険ではありませんか?」という説明されていて、ことであり、ドラッグラグ問題の初期段階にキャンセルを要求しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


雑記帳:白血病支援に安打1本1万円 ロッテ西岡選手 »
« ビーチタオル1700枚、皮膚がん危険訴える…豪