ビーチタオル1700枚、皮膚がん危険訴える…豪

ビーチタオル1700枚、皮膚がん危険訴える…豪

1700個の特製しているビーチタオルが本物が夏に直面されていたオーストラリアシドニーの郊外のボンダイビーチで舗装されました。
黒っぽい布の中に人のアウトラインを描いたデザイン。 犠牲者が転んでいた、しばしば犯罪ドラマで見られた場所を示しているチョークの線は模造されます。 1700人が毎年、オーストラリアの皮膚癌で死んで、計画していたので、癌予防に取り組んだ民間団体は、過度の日焼けという危険に懇願できます。 (シドニー支店)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


卵巣がん患者会からドラッグ・ラグ問題でヒアリング―薬害再発防止検討委 »
« がんを生きる:ここに在る幸福/1 腰痛は骨への転移だった