術後管理不十分 7600万円賠償命令

術後管理不十分 7600万円賠償命令

女性、(25 その時)、02における筑波Medicalセンター病院(筑波都市は1丁目をtenkuboする)の卵巣のような切除手術を受け取った古い岩井市(現在のスロープ東都市)では、死にかかっている事故であり、約1億1000万円の損害賠償の補償が要求された民事訴訟の決定がこの病院と2人の医師のような16日の相手の水戸地方裁判所土浦支店でした; 女性のparentsPresiding犬飼宍道裁判官は、物理的な状態が操作の後に定期的に調べられたバイタルチェックの頻度と内容などの安全管理が不十分であると仮定して、2の医師あたり約7600万円の支払いをこの病院を経営した基礎に命令しました。

この病院の2人の医師から右の卵巣と卵管の切除手術を’6月28日と、02フィート受け取りましたが、決定に従って状態が同じ夜急転する卵巣腫瘍()の疑問があるとき、女性は診断されます。 それは、翌日の夜明けの前に腹腔(それは、吹いて、食べられた)内出血で死にました。 県警は死直後業務上過失致死の疑いで調査されましたが、地方検察庁は不起訴処分に行きました。 土浦検察審査会は、1月(’05フィート)に不正な不起訴を決議しましたが、地方検察庁は処分を変えませんでした。

他方では、04で「医師が働いていたとき、必要性のない動脈が損なわれたので、死にました、そして、操作の後の安全管理は不十分であった」ので、両親は民事訴訟を起こしました。 病院は「欠点が全くなかった」として解雇を要求していました。

操作の2時間後の医師パスの後に、掛ける1日あたり3のバイタルチェックだけとしての安全管理状況の不備からの16番目のポイントの決定は指示されました。 さらに、血圧とパルスなどのような4つの項目が頭痛と吐き気の存在などのような10以上の項目を確認するのが、必要でしたが、最終的なチェックの午後9時5分の試験だけであると思われました。 決定: 他の医学文献の例として。 「操作の2–4時間後ごとに24時間チェックするのが、必要でした。 変化してください。出血が疑われるのは、発見されました、そして、適切に管理したなら女性が十分を乗り切った可能性がありました。 」それは説明しました。

死因になった出血による思われた「カットが発生したところで原因が動脈のカットから来ていた、出血位置、操作以外に、思われないで、医師が働いていたとき、それを切ったことが認められた、」 しかしながら

医師のせいは操作で認められませんでした、「鈍く気付かなかったとしても、出血は必ず不自然であるというわけではありません」と言って。

それについて決めた後に、会見した両親、代理人の**千葉の雄弁なmamoshi「人の人生が保たれるので、それは不注意過ぎます、もっとも、徹底的な通信をするのが、必要です。 それを改良しないなら同様の医療過誤のために繰り返される可能性があります。 」それは話しました。 説明されていた状態で座った女性の(57)の父となってください、そして、「それでも、それはお金ではなく、人生を返して欲しいという真意です」。

すみません、基礎筑波のMedicalセンターに関するコメント決定文に達しないので、コメントするのは、可能ではありません。 達して、通信が将来調べられるとすぐに、内容は確認されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


癌治療学会が患者招待 »
« 小笠原が涙 支援した小児がん施設の子どもたち登場に「胸が熱く」…ゴールデンスピリット賞