米マイクロソフト共同創設者ポール・アレン氏、がんと診断

米マイクロソフト共同創設者ポール・アレン氏、がんと診断

処理が16日に始まったのによるジョイントがサンフランシスコロイター米マイクロソフト(MSFT.O: 株価、企業情報、およびレポート)における16第歳のポール・アレンをひどい目にあわせる悪性リンパ腫と診断されているのが、一種の癌であり、それがはっきりさせられたということでした。
16日にマイクロソフトのオフィスを出た後に、その人が設立した投資会社におけるバルカンのスポークスマンに従って、同社の従業員は会社のメールによるアレンの病気に関して話されました。
スポークスマンは、バルカンにおける役割を変えるのを計画しないようにアレンに関して「状態は、非常に素晴らしくて、活動的であり」、その人が説明されていると仮定しました。
アレンは、1975年にビル・ゲイツと共にマイクロソフトを設立します。 同社の指導官は83で辞職されました。 同年に癌と診断されましたが、処理でそれに打ち勝ちます。

記事の企業に関する関連情報に関する各コードをダブルクリックして、見てください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小笠原が涙 支援した小児がん施設の子どもたち登場に「胸が熱く」…ゴールデンスピリット賞 »
« 約束  乳がん闘病記 上映