乳がんマンモ定期検診で議論沸騰=40代勧めず-米政府作業部会

乳がんマンモ定期検診で議論沸騰=40代勧めず-米政府作業部会

米国政府の作業部会が、有効なXに、17日までに40代の定期的な診察を推薦しない推薦をひらめかせると発表した乳癌の早期発見のための絵の点検(胸部X線写真)を取る胸の予防医療。 それは誤判定と過度の診断などのためそれを列挙します。
2002年に隔年に40歳でこの診察を受けるこの部門のミーティングか、より多くの女性を推薦したので、議論は新たな意見で正しいか、または間違っていた状態で煮えこぼれます。 ハーバード大学医学部(放射線学)のkopanzu教授: ワシントンポストに。 「胸部X線写真は人生、すなわち、何万人もの人々を救いました。 それはひどい推薦で非当然です。 」それは批評します。
作業部会は、16日に発表された推薦で「誤判定と過度の診断による危険が相談で利益と比べたとき、40代のリスクは他の年齢層のものより高い」と指摘しました。
しかしながら、胸部X線写真の効果は、否定されていなくて「50歳の女性–74歳は、隔年にそれを受け取るべきである」ということであると思われた部会です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


約束  乳がん闘病記 上映 »
« 米の名調教師フランケル氏、白血病で死去